Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

オンラインカジノの税金

Dr. Casinoが"オンラインカジノの税金"を紹介する

オンラインカジノであっても一定金額以上の利益がでれば、法律的に「一時所得」としてみなされ、課税対象になり税金を納める必要があります。

オンラインカジノは、銀行口座に取引の証拠が残るため、税務署側がお金の流れを容易に把握できるので、確定申告をして納税していなければ脱税行為とみなされる恐れがありますので、しっかりと納税しましょう。

一時所得とは

オンラインカジノの利益は、法律的に「一時所得」としてみなされます。

一時所得」は、他の所得と課税所得金額の計算方法が異なり、そのため、納める税金がある場合は、正しく所得金額や税金の計算を行う必要があります。

実は競馬やパチンコなどのギャンブルも課税対象

実はオンラインカジノに限らず、競馬やパチンコといったギャンブルも所得税の課税対象なのです。

しかし、例えば競馬の勝利金に対する所得税を納付しなくても、税務署から特に指摘を受けないことがあります。

これは、ギャンブルの勝利金は直接現金で支払われるため、税務署が勝利金の具体的な金額を把握できないからです。

本来はその納税額を申告しなくてはなりません。

Dr. Casinoがオンラインカジノの税金を紹介する

税金が発生するタイミングは

オンラインカジノで税金が発生するタイミングは、「カジノゲームで収入を得たとき」で、「懸賞や福引きの賞金品、競馬や競輪の払戻金」に部類されます。

オンラインカジノの勝利金は基本的に銀行に振り込まれ、入出金の流れがきちんと記録され、税務署も資金の流れを確認することができるので、ごまかすことはできません。

所得税は一年間の所得に対して課されるため、一年間で得たオンラインカジノの勝利金から経費を差し引いた金額が課税対象になります。

負けたときは

負けた分は残念ながら支出にカウントできません。

オンラインカジノもギャンブルですので、当然負けることもありますが、実は、負けた分は経費に算入することができないのです。

オンラインカジノの利益に対する所得税の計算方法

一時所得の場合、収入から50万円を特別控除として差し引くことができるので、勝利金の総額が年間50万円以下の場合は所得税が掛からないことになります。

所得税の計算式

一時所得 = 収入金額(勝利金) - 支出金額 - 特別控除額(最高50万円)
一時所得の課税対象 = 一時所得 × 1/2
所得税 = {   (給与所得等他の所得 + 一時所得の課税対象) } - (各種所得控除)× 税率

一時所得は総合課税の対象になるため、給与所得や事業所得等の他の所得と合算した金額に税率を掛けて所得税を計算します。

なお、他の所得と合算する一時所得の課税対象は、一時所得に1/2を乗じた金額になるので注意しましょう。

Sign Up to Our Newsletter

Ritatis et quasi architecto beat

[yikes-mailchimp form="1"]