Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

ヨーロッパ

何百年も前から社交場として上流階級の人々に親しまれてきたヨーロッパのカジノは、格式が高く伝統を守るカジノではネクタイ着用などドレスコードが定められている場合が多いです。

イギリス

主に主要都市に126軒のカジノが存在しています。

入場は18歳以上で、入場時にはパスポートにより年齢を証明する必要があります。誰でも気軽に入れる所と、事前登録が必要であったり、会員制の場合もあります。

ドイツ

ほとんどのカジノが長期滞在型の高級温泉保養リゾート施設に集中しています。

かつて「皇帝」や「貴族」の社交場だった背景が色濃く残るバーデン=バーデンはその歴史から名所の1つにもなっています。

フランス

160軒以上のカジノが存在し、カンヌやニースの高級ホテルの近くには一流のカジノがあります。同行者も含めて18歳以上の人がカジノに入場できます。

入場前に入り口でチェックが行われるため、カジノへは必ずパスポートを持参してください。

モナコ

モンテカルロには、4つのカジノが集中しています。特に1963年開業のカジノ・ド・モンテカルロ(別名グラン・カジノ)はヨーロッパを代表するカジノで、建物はパリのオペラ座を手掛けた建築家が設計しています。

グラン・カジノ以外は入場時に国籍や成人であるか確認されることは無いようです。

イタリア

イタリアと言えば1638年に世界最古と言われるカジノ・ディ・ヴェネツィア。

イタリアの大衆向けカジノでは入場や服装に対する規制が少ないですが、年齢制限は18歳以上からです。

ポルトガル

8つのカジノがあり、現地人と外国人観光客で入場できる年齢が異なります。

現地人は21歳以上、外国人観光客の場合は18歳以上です。入場料は無料ですが、会員カードを作る必要があり、その際にパスポートの提示が必要になります。

スペイン

23軒のカジノがありますが、大都市では禁止されていて、カジノの営業が公的に認められた都市は、マドリードやバルセロナなどです。

オランダ

アムステルダム・スキポール空港のカジノは、世界初の空港カジノとしてトイレの男性便器のハエのイラストとともに有名です。

空港のカジノは国営カジノチェーンHolland Casinoが運営しています。

ベルギー

ベルギーは小さな国ですが、小便小僧の像や、ゴディバのチョコレートや、ワッフルなどが思い浮かびますが、高級志向のカジノが楽しめます。

10程度のカジノがあると言われていますが、その中でも特に有名なのがブリュッセルのカジノです。ベルギー観光局が推薦するほど内装が美しくマージャン卓も
あったり日本人向けかもしれませんね。

Sign Up to Our Newsletter

Ritatis et quasi architecto beat

[yikes-mailchimp form="1"]