Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

世界のカジノ徹底調査

ヨーロッパ発祥と言われているカジノ

カジノの語源はイタリア語の「CASA(家)」と「INO(小さい)」、貴族の保養地の別荘を意味する言葉でした。貴族たちが社交パーティの余興としてゲームを楽しんだことで、「CASINO」が現在のカジノゲーミングの意味を持つようになったそうです。

18世紀半ば以降、産業革命により鉄道など交通機関が発達し、有名なリゾート地にはヨーロッパ中から上流階級、富裕層がバカンスなどで集まり、ゲームを楽しんだのです。
歴史のあるヨーロッパのカジノは現在でも富裕層の社交場の雰囲気が残るところも多くあります。カジノでプレイするだけでなく、観光地としても人気のカジノも多数存在しています。
ヨーロッパで始まったカジノは、次第に世界各国で親しまれるようになります。
特に、アメリカ、フランス、イギリス、ドイツなどではカジノが広く一般的に広まっていきました。

イタリアでは世界最古と言われる
「カジノ・ディ・ヴェネツィア」

フランスでは、ルイ15世の時代に賭博場が広まり、
ナポレオンは賭博規制を行っています、

ドイツでは保養地のバーデン=バーデンが有名です。

イギリスでは今なお営業を続けている「クロックフォード」が継続的に営業している最古のカジノです。

カジノの街ラスベガス

日本でカジノといえば、ラスベガスを思い浮かべる人が多いと思います。
アメリカでは1931年にネバダ州で合法化され、1940年代にはラスベガスがカジノの町として急速に発展しました。

1960年代以降、ラスベガスでは装飾や建築物を1つのテーマとし、エンターテイメントショーで集客、家族連れでも楽しめる観光地としても世界的に有名ですね。
現在、カジノは120か国以上で合法化され、世界で2000軒以上のカジノが存在しています。
それでは、それぞれの地域ごとの特徴をまとめました。

もくじ

【ドクターのカジノ雑学】

海外のカジノで勝った際、獲得した金額から使った経費を差し引いた儲け分が50万円以上(年間で)になる場合は日本で「一時所得」として課税対象になり、確定申告が必要です。
また、獲得したお金を使って現地で買い物した場合、金額が20万円を超えれば関税の対象になります。
カジノで大金を手に入れた場合は、税金について専門家に確認することをおすすめします。

Sign Up to Our Newsletter

Ritatis et quasi architecto beat

[yikes-mailchimp form="1"]