Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

日本のカジノ

日本でのカジノに対する本格的な議論の始まりは1999年。
当時、東京都知事だった石原慎太郎氏の「お台場カジノ構想」で「カジノ誘致」を唱えたことが日本でのカジノ解禁論の始まりと言われています。

石原氏は「カジノは不況の中、雇用や文化、財源の確保に格好の材料」と期待感を示し、次の猪瀬直樹知事も2013年の都議会で「カジノなど観光施設の準備を検討したい」と明言し、カジノを「大人の社交場」と表現しています。

カジノ推進法

その後、日本の政界で、カジノ合法化に向けた動きが本格化し、カジノを中心に宿泊施設、会議施設、テーマパーク、商業施設などを一体的に整備する統合型リゾート(Integrated Resort:IR)の設立を推進する基本法が議員立法として、2016年(平成28)12月に公布・施行されました。
正式名称は「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」(平成28年法律第115号)。
今まで日本で禁じられきたカジノが解禁につながることから「カジノ推進法」ともよばれています。

カジノ実施法

カジノ推進法は、あくまで「特定複合観光施設区域の整備の推進」に係る法律です。
カジノを含むIR統合型リゾート施設の整備を解禁する特定複合観光施設区域整備法いわゆる「カジノ実施法」が2018年(平成30)7月20日に成立しました。

IR=カジノ?

カジノはIRを構成する一つの施設にしか過ぎません。
カジノ実施法により、カジノが設置できるスペースは、IR全体の床面積に占める割合は3%が上限と定められています。
現在、日本全国で最大3か所の設置区域を選び、2020年代後半の開業を目指しています。

どこにできるの?

日本政府は2021年10月から2022年4月まで、自治体の誘致申請を受け付けます。これまでに横浜市、大阪府・市、和歌山県、長崎県が誘致を表明しています。
本命と言われていた横浜市では反対運動が活発化し、2021年8月に行われた市長選挙でIRの誘致を推進してきた現職の林文子市長が落選し、IR誘致に反対を表明した元横浜市立大教授の山中竹春氏が当選。IR誘致に向けた手続きを中止してしまいました。

候補地が正式決定するのは2022年頃の予定

ドクターカジノでは、今後皆さんに最新の情報をお届けしていきます。

大阪カジノ(IR)どうなる?
長崎カジノ(IR)どうなる?

Sign Up to Our Newsletter

Ritatis et quasi architecto beat

[yikes-mailchimp form="1"]