Skip to content Skip to sidebar Skip to footer

パーレー法って?

ドクターカジノがパーレー法を説明する

勝負に勝った時に使える方法で「前回賭けた金額の2倍賭ける」という方法です。
逆マーチンゲール法とも呼ばれ、その名の通りマーチンゲール法の反対の方法で賭けていきます。
例えば、1円賭けた後、勝てばその倍の2円、さらに勝てばその倍の4円を賭けていきます。
しかし、負ければ1円にします。
もちろん、勝ち続けても1回でも負ければ損となるため、どこかで1円に戻して獲得金をしっかりと自分のものにしなければなりません。
大勝する可能性がありますが、ほとんどは小敗してしまう方法です。

パーレー法が使えるゲームは、マーチンゲール法と同じで有効なゲームは勝率約50%、払戻し倍率2倍のゲームです。

例えば
ブラックジャック
ルーレット:「赤/黒」「偶数/奇数」
シックボー:「大小」
バカラ
などで使用することができます。

それでは実際に試してみましょう!

☆ルーレットのに賭けていきます。

ゲーム数 ベット額 結果 払い戻し 収支
1
1
28
0
-1
2
1
7
2
1
3
2
5
4
6
4
4
10
0
2
5
1
24
0
1
6
1
2
0
0
7
1
30
2
1
8
2
24
0
-1
9
1
26
0
-2
10
1
14
2
0

この表のように収支プラスマイナス0です。
資金が少ない状態でも勝つたびに瞬間的に資金が増えていきますが、それは勝った金額をどんどん倍・倍で賭けていくからです。
しかし、1回でも負けてしまうと4ゲーム目のように今まで積み上げてきた勝ち金を失ってしまいます。

例えば3ゲーム目のように連勝しているときに、上手に止めることができれば資金を増やすことができるので、持ってるお金との賭け金のバランスをしっかりと考えながらプレイすることが必要です。

4連勝の例

☆ルーレットのに賭けていきます。

ゲーム数 ベット額 結果 払い戻し 収支
1
1
3
2
2
2
2
17
0
0
3
1
1
2
2
4
2
16
4
6
5
4
9
8
14
6
8
7
16
30
7
16
2
0
14
8
1
4
0
13
9
1
3
2
15
10
2
23
4
19

1円の賭け金からスタートして4連勝するだけで収支0円から30円まで増やす事が出来ます。
これはパーレー法の優れている点だと思います。

パーレー法は資金に余裕がある時に使うのではなく、資金が少なくなってきて一発逆転を狙う時に使う必勝法ではないでしょうか。

Sign Up to Our Newsletter

Ritatis et quasi architecto beat

[yikes-mailchimp form="1"]